オリゴ糖の魅力

オリゴ糖はどういうものかというと、もうこれ以上は加水分解できないという分子構造である単糖の一種、ブドウ糖や果糖が数個から20個程度つながったもののことを言います。
オリゴ糖のオリゴという言葉はギリシャ語で「少ない」という意味で、いわゆる少糖類と言われるものです。
オリゴ糖の種類は20種類ほどあります。
天然の動植物に存在しているので、スクロース、ラクロース、マルトース、トレハロースという二単糖となります。


腸内環境を良くする善玉菌の餌となるため、善玉菌を強くしてくれます。
それによって善玉菌が増えるという嬉しい効果があります。
ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌の餌となって、それが増殖とつながるという間接的な効果をプロバイオティクスと言われています。
しかしオリゴ糖はこのプロバイオティクスだけでなく、直接的効果もあります。


特に胃や小腸では消化吸収がされにくいので、ファイバーと同じく腸内の入らなくなった物質を吸着しながら体外に排出する働きもあります。
この両面から腸内を綺麗にするので、毒素や老廃物が排出されるため、美肌にもとても効果が高いと言われています。


また腸内の善玉菌が増えると、血液中の善玉菌も増えるため悪玉コレステロール、中性脂肪が減り動脈硬化、梗塞系の病気の予防にもなります。
いわゆる成人病の予防にもなるというわけです。
他にもミネラルの吸収を促進させる効果があります。


赤ちゃんはもともと母乳から善玉菌をたっぷりもらうので腸内環境はとてもいい状態にあります。
しかし離乳食になると、あとはもう善玉菌はどんどん減る一方なので、オリゴ糖をちょっと食べさせるだけでも便秘の解消になります。
また乳幼児のアトピー皮膚炎改善の研究結果でも、高い効果が出ることが発表されています。
このようにオリゴ糖には魅力がいっぱいなのです。



≪外部リンク≫
てん菜(サトウダイコン)から天然抽出したオリゴ糖を使った便秘対策食品のレビューサイトです・・・便秘 オリゴ糖

Copyright © 2014 オリゴ糖が愛されるワケ All Rights Reserved.